fc2ブログ

★使い方を間違っていたようだ…


昨日、晩御飯を

センセーに出してから

からだえらいし

横になりに行ったけど

アタマ割れそうに激痛で悶絶

 

お天気悪くなるのかなッて

23時のセンセーのカリカリを

用意してから

ロキソニン飲んでまた寝た

 

もうpc開けるような日じゃなかった

 

ひたすら寝て

朝早くからお茶time


IMG_20240218_091833.jpg



センセーが寝てはるんですけど

なんでそこなんでしょうね


IMG_20240218_054707.jpg

IMG_20240218_054713.jpg

IMG_20240218_054716.jpg

IMG_20240218_054720.jpg

 

今日あったかかったのか

ストーブが暑く感じられたりで

おこたじゃなく

あえて、そこやったみたいね

 

じっとわたしを見てはるんですか?

(;'∀')えへへ

 

*✼*――――*✼*――――*✼*

 

昨年12月アタマ

かんちゃωからALOHA先生に

ッていただいたプレゼント

 

組み立てたけど

デザインがすんごい可愛いけど

どう使うの?ッて

仕上がりでした[↓]


使い方ミス

 

こないだから、かあ様が

「上の棒に入れるんやない?」

 

とうとう今日

穴に通すことに!!


IMG_20240218_095706.jpg


IMG_20240218_095712.jpg


 

そっか、これが正解かも!!

 ('▽'*)!!

宙に浮いて、爪とぎ

ッていうスペシャルなのかも

 

爪とぎしたら

くるくる球が回るッてやつね

最高じゃーーん(^^♪

 

かんちゃω

ようやく答えに到着しました

 

 

*✼*――――*✼*――――*✼*

 

□■今日のドラマ■□

【ボイス4】


ボイス4 1



 

 

「あの状況も養父に強要されたんです」

(チャド)

 

その会話を思い出し

頭をかかえるグォンジュ

 

「養父母が持ってこさせなかったので

院長が書類に挟んでおいたと」

 

チョンはグォンジュに頼まれ

デリックの幼少期の写真を

1枚持ってくる

 

スマホいじってるふりで

トイレから出てきたウンスに

「気を落とさないで」と

声をかけてくるデシク

「俺は初出動の時、ジニョクさんに

かなり叱られた。ジニョクさんは

"イカれた犬"だから…

あの時の俺に比べたらましだった」

と、励ましてるつもりのデシク

 

「私は運のない子だ」と

養母が言ってたことを言うと

デリックは「家族は選べない。

養親が全員虐待するわけでもない。

人生は自分で選ぶんだ。

自分を大切にしろ。

約束できるな?」

「刑事さんはどうやって

我慢したの?」と、セッピョル

「私は本当に…殺したかった」

「君くらいのときに養父の

銃を持ち、部屋の前に行った…

殺そうと思って」

 

遠い昔を見るようなまなざし

 

「でも妹が泣きながら止めた。

"お兄ちゃんに何かあったら

生きられない"と。

妹がいなかったら俺は今も

刑務所に…警官にもなれず」

「妹さんのおかげね」と

うなずくセッピョル

 

妹のことを聞かれ

良くないことがあって…と

お茶を濁すと「実は―――

さっき思い出したことが

あるんです(セッピョル)

コミュニティーにいた

レンジャーがチュチュと

仲が良かった。

去年のクリスマスに祖父母を

殺して、自殺した子です」

「チュチュ?その子の名前は

"チュ・ボムテ"か?」

びっくりして

「そうです。コミュニティーには

いじめられっ子が多くて

チュチュもそうでした。

コミュニティーにのめり込んで

急にサーカスマンという

女性警官と仲良くなったと。

イカれたと思ってレンジャーは

縁を切った。本物の警官が

チュチュと遊ぶはずがない」

「レンジャーと連絡を?」

「途絶えました。高認の勉強を

するとかで。メッセージなどは

24時間で消えるんです―――

この話は役に立ちますか?」

「ありがとう。そろそろ行かないと」

と、気もそぞろなデリック

 

その頃、ノートpcを見せながら

CCマンがあやしいと

グォンジュに報告するウジュ

 

「こいつのIPの迂回は

専門家レベルです」

「ドラムビルはどこに?」

(グォンジュ)

「5分で着きます」そう聞いて

グォンジュも行くという

 

「30分後にドラムビルで

ユーザーに会うので同行を」と

無線でデシクに頼むグォンジュ

 

ウジュは1人で手柄立てたいのね

 

その頃、デリックはチャドから

[重度の解離性同一症の場合]

の案件を書類で見せられ

報告を受けていた

 

チャドに3/25のトンバン・ミンの

アリバイを再度調べてほしいと

頼んでたとき、部屋から

入れ替わり飛び出してきて

「もう1つ思い出した」という

セッピョル

「チュチュはその警官の

故郷で暮らすと。

いじめっ子のいない天国で。

家族のように暮らす村だと

言ってた」

 

何かに思い当たるデリック

「ありがとう」といって走り出す

 

夜。

"着いた、どこだ?"と

スマホでチャットするウジュ

 

1人でやりたがったくせにビビッて

「僕を置いて行かないで」と

無線で言うウジュ

 

ビビリすぎやろ

 

グォンジュのイヤモニが

混線して車を下りる

 

黒い車に近づくウジュ

 

車のトランクが半開き

長い髪が出てて、赤い汁が

滴っている

 

悲鳴を上げたウジュのそばに

かけつけるデシク

 

ビルに入ったグォンジュと

階段の踊り場でぶつかった男が

「すみません」と濁った声で言う

 

背を向けたまま

「カン・グォンジュ センター長?

俺たちは前に会ったことがある」

 

「サーカスマンの声紋と一致する」

と、心で思う

 

トランクは簡単に開かない

「人が!!」と

腰を抜かすウジュ

 

ICレコーダーを動かし

銃を向けるグォンジュ

 

振り返る男に

「トンバン・ミン?」(グォンジュ)

「すれ違っただけなのに覚えてた

(トンバン・ミン)

俺に会いたかった・

俺も会いたかった。

そのきれいな顔を

引き裂きたくなるほど」といって

近づいてくる

 

「近づくな、少しでも動いたら撃つ」

と、威嚇するグォンジュ

 

踊り場に落ちたイヤモニから

デリックの声

 

「サーカスマンはトンバン・ミンだ。

女の人格のホルモンで体が変化を。

特殊メイクの道具も使った

(ギョッとするグォンジュ

難しい顔で聞いてるトンバン・ミン)

解離性同一症がここまで

やっかいだとは簡単に考え過ぎた。

聞いてますか?」

 

ジャケットを振り回し

首を絞められるグォンジュ

 

ボイス4 。。。


★[↓] ポチッとお願いします [↓]★

 

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment